fc2ブログ
2012-05-01(Tue)

「鍵のかかった部屋」第3話の感想 戸田恵梨香さんVS相武紗季さん

「鍵のかかった部屋」地道な弁護士・戸田恵梨香さんと悪女で才女な相武紗季さん。

相武さんが犯人であることは、現場の碁盤の駒を移動させたのですぐわかったけど。

戸田さんも相武さんもどちらも好きだけど、二人の間に競演の火花が散る妄想を楽しみました。

華もあり毒もある役どころが似合う相武さんと、地味で素朴なグレースーツの戸田さん。

艶やかな着物姿の相武さん、潔かったり崩れてみせたり、さすがの悪女ぶりでした。

でも今、女優として一歩先んじているのは戸田さんのほうだと思われるから面白い。


密室を構成したのは、被害者が死力を振り絞ったメッセージのせい、という事だったけど、

どうせなら、問題の桂馬をにぎりしめていた、とか、解りやすいものにして欲しかった。


それにしても、戸田さんも大野智さんも誰でも現場に入れる警察って都合よすぎ。

佐藤浩市さんが、依頼人死してもなお守秘義務を守る弁護士魂を見せているのに。

警察と弁護士って、宿命的に犬猿の仲なのに、脇の甘い宇梶剛士さんでした。

ちょっとした役に忍成修吾さんを投入する、何ともぜいたくなキャスティングでした。

スポンサーサイト



テーマ : 鍵のかかった部屋
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 鍵のかかった部屋戸田恵梨香相武紗季大野智佐藤浩市忍成修吾

2011-12-21(Wed)

「家政婦のミタ」最終回 明日はミタさんがうちにやってくるかも

「家政婦のミタ」、どんな結末でも受け入れよう、でも期待を裏切らないでほしいと、

矛盾した思いでじれったくなるような、でもあっという間の最終回でした。


お母さんになると承知したとたん、厳格で冷淡な母親に豹変した松嶋菜々子さん。

今までも凍りついたような態度だったけど、決して冷たくはなかったのだと再確認。

家政婦さんは仕事なので、業務命令でなんでもやってくれるしわがままも聞いてくれる。

でも母親は、本当に子供の事を思うなら、鬼にも蛇にもなろうというものです。

そして結婚寸前の相武紗季さんを呼び戻し、再び一家に結びつける事に見事成功。


終わってみると松嶋さんがかかわった人たちは、不幸になるどころかちゃんと幸せを見つけた。

離婚し子供を置いて家を出ていく佐藤仁美さんでさえ、希望を失わずに生きていける。

田舎へ帰った野波麻帆さんまで登場して一家と和解するのも、なかなかに粋な配慮です。


クリスマスディナーのテーブルで、最後の業務命令に従いほほ笑む松嶋さんは、

聖母のように美しくて、一家にとっても彼女にとっても最高のクリスマスプレゼントでした。


たとえローンがいっぱいの家でも、それは一家にとって、大切な道しるべとなる北極星。

再び孤独に生きる事を選んだ松嶋さんだけど、また次の家に幸せを運んでくれるに違いない。

テーマ : 家政婦のミタ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 家政婦のミタ松嶋菜々子長谷川博己相武紗季野波麻帆佐藤仁美

2011-12-15(Thu)

「家政婦のミタ」第10話の感想 涙腺崩壊、でも苦い涙

「家政婦のミタ」第10話、4人の子供たちに心揺さぶられる松嶋菜々子さんが見事です。

遊園地で、亡き夫と子供に供えるファミリーセットをむさぼり食べる子供たたちに、

「お願いですからこれ以上優しくしないでください」と泣く松嶋さんと一緒にこちらも涙腺崩壊。

さらには、松嶋さんの石を見つけてきた幼稚園児のいじらしさに再び泣かされる。

しかし「私たちのお母さんになって」という業務命令に「承知しました」という松嶋さん。

それはあまりにも行きすぎであり一線を越えているので、再び苦い不幸の予感におびえる。

一方では、やけ気味の相武紗季さんが長谷川博己さんに自暴自棄な告白をしているというのに。

ついに明るい光が見えた、と思ったら、次の暗雲をちらつかせて、最後まで視聴者をやきもきさせ、

どこまでも引き付けていく手法が、本当ににくいドラマで、これはもう脱帽するしかありません。


話が先走ったけど、母親は自殺ではなく、死ぬ間際に子供を思って生きたいと願った事故死だ、

という長い松嶋さんの一人語りを受け、次男の亡き母にささげた作文、それに花丸を描いた松嶋さん。

そして母親の死を受け入れていく子供たちが、母親の遺書と離婚届を燃やすという大胆な展開。

息詰まるよう緊張感と、ふとしたギャグを挟みこむ緩急に、拡大版でも短く感じてしまうほど。


松嶋さんの、ごつくて何でも出てくる鞄、男物の時計は、亡き夫と子供へのオマージュだった。

その用意周到にも脱帽し、しかも、きいきいうるさかった幼稚園児の本田望結ちゃんまで、

とっても可愛く思えてきてしまうのが、なんかもう悔しいほどです。




テーマ : 家政婦のミタ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 家政婦のミタ松嶋菜々子相武紗季長谷川博己本田望結

2011-12-08(Thu)

【家政婦のミタ】第9話の感想  きいは幸せの扉を開けるKey

「家政婦のミタ」第9話、前回に大きな山場を越えたので、この後どう盛り上げるのか?

とちょっと疑っていたら、今回はますます、思わずうなってしまうような展開でした。

まさか、お隣のうるさい主婦・佐藤仁美さんが、こんなふうに舞台を回す役回りとは。

いたるところに伏線を張り巡らし、練りに練り込んだ、緻密なまでによくできたドラマ。

次第にキャラが崩壊し、大切な過去を佐藤さんたちにすらっとしゃべる松嶋菜々子さん。

忽那汐里さんたち4人兄弟と一緒に、運命のろうそくをにぎりしめ、心が揺らいでいく。

冷たく引き締めても、どうしても表情や声が緩んでいく様に、緊張感と安心感が交錯する。

ついには、亡くなった夫と子供の幻影を見るようになる松嶋さん、その先にはたして、

彼女の幸せはあるのか、予断を許さないままドラマが高まっていく、この素晴らしい醍醐味。


「三田たみ」という家政婦さんが来るというギャグとか、消えても消えても出てくるろうそくとか、

お兄さんが好きだと言う相武紗季さんとか、アダムズファミリーみたいな音楽とか、全部すごいです。


テーマ : 家政婦のミタ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 家政婦のミタ松嶋菜々子佐藤仁美忽那汐里相武紗季

2011-11-30(Wed)

「家政婦のミタ」第8話の感想 ついに過去を話す松嶋菜々子さん 

「家政婦のミタ」第8話、ついに語られた松嶋菜々子さんの壮絶な過去、不遇な生い立ち。

何かの不幸で夫と子供を亡くしたのだろうと思っていたけれど、実はその根底には、

子供のころからの辛い体験があり、不幸の連鎖に縛られ逃れられなかった人生があった。

家事だけでなく、スポーツでもルービックキューブでもモノマネでも、とにかく万能なのは、

冷たい母親の関心を引きたいという子供心で、なんでも努力してきたからだった。

あろうことか、異母弟に邪恋をよせられ、家に放火されて夫と子供を失った。

決して笑わないのも、業務命令なら犯罪もためらわないのも、納得できてしまう不幸話だった。


長い打ち明け話の途中で、「色目ってなあに?」と幼稚園児が聞かないかとか、

寿司屋の出前がやってこないかとか、ひそかに気をもんだけど、無事に話し終わった松嶋さん。

「お暇をいただきます」と言って出て行ったけど、その表情は少しやわらいでいたと思う。


でも次回予告は松嶋さんが火をつけるという、夫と子供のあとを追うような展開だった。

予告の出し方もうまく視聴者を惹きつける作品なので、釣られるのもいやじゃない。

特に今回の冒頭、松嶋さんと相武紗季さんが入れ替わるという大サービスが夢オチだったけど、

二人の女優さんの競演ぶりが面白く、味わい深いくてにくい演出で、許せてしまいます。

あと、松嶋さんを通して、亡くなった母親に、離婚を言い渡されたショックのあまり、

子供を残して死んだ事を反省させていたのも、よしよし、と深くうなずいて見ていました。


しかし、最終回が近づくにつれ、松嶋さんが子供たちの力によって、未来や希望を見出し、

笑顔を取り戻して普通の人になっていくのか、と思うと、残念な気もするのが正直なところ。

あの冷徹な、ロボットのような松嶋さんが、日常のキッチンにいて料理しているという、

ありえない非日常のインパクトが失われるのは、ちょっともったいないような気がするので。

テーマ : 家政婦のミタ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 家政婦のミタ松嶋菜々子相武紗季

2011-11-23(Wed)

「家政婦のミタ」第7話の感想 社員食堂のまん中で愛を叫ぶ

「家政婦のミタ」第7話、4人の子供たちはそれぞれに自分を見出し、落ち着いてきて、

残ったのは父親・長谷川博己さんが、父としてどう生き、子供たちに愛を伝えるか。

野波麻帆さんが彼に裏切られたり、松嶋菜々子さんが幼稚園児のお遊戯会を阻止したり、

会社をくびになったりと、どさくさの中で混乱して感情を爆発させ、子供と本音で向き合えた。

もう野波さんへの未練もなく、亡くなった妻へ感謝する気持ちになったらしい。

その心境の変化は、わかったような、わからないようなで、納得させられた感じです。


とにかく、これで一家は結束して、前に進む事ができそうなので、次は松嶋さんの番。

好奇心旺盛な子供たちは、しつこく遠慮なく、松嶋さんの過去を聞き出そうとするけど、

フラッシュバックするその過去はとても辛そうなもので、松嶋さんが気の毒なような。

もう、松嶋さんと長谷川さんが結婚して、子供たちの母親ができました、でいいのでは。


次回は、相武紗季さんと松嶋さんが入れ替わるシーンがあるらしく、楽しみのつきないドラマです。

テーマ : 家政婦のミタ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 家政婦のミタ長谷川博己松嶋菜々子野波麻帆相武紗季

2011-10-20(Thu)

【家政婦のミタ】第2話の感想 松嶋菜々子さんに言葉の裏は読めない

【家政婦のミタ】第2話、殺せって言われたら本当に殺してしまう松嶋菜々子さん。

ロボットは人を殺してはならない、ってプログラムされてるはずじゃなかったっけ。

自分が死刑になる事もいとわないほど、雇い主一家の命令には言葉通りに答えてしまう。

「からすのパンやさん」を読んで子供を寝付かせていたけど、ここでもロボット読みでした。

でも、ときおり微妙に笑っているというのか、表情が緩んでいるシーンがあるので、

家族とともに、松嶋さん本人も封印しているものを取り戻していくドラマなのかな。

おそらくNG集とかを見れば、カットの後で大笑いしている松嶋さんがいるに違いない。


小学生の「いじめ」と一言で言うけれど、あれは恐喝とか強要とか暴行とか言うべきかと。

相武紗季さん、なんだか気の毒な役回りだけど、極端すぎて普通に教師やってる人とも思えない。

長谷川博己さんの奥さんは、不倫の末に離婚を申し出た夫に絶望して自殺したらしいけど、

4人もの子供の母親として「捨てられるなら死ぬ」ってか弱すぎてちょっと考えられない。

野波麻帆さんは、高校生から幼稚園児まで、4人も子供がいる人と不倫してどうするつもりだったの??


テーマ : 秋の新ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 家政婦のミタ松嶋菜々子長谷川博己野波麻帆相武紗季

2011-10-12(Wed)

「家政婦のミタ」第一回の感想 笑わない松嶋菜々子さんが怖い

「家政婦のミタ」第一回、松嶋菜々子さんと長谷川博己さんがセカンドバージンな恋、

なんかにはとても落ちそうにもない、不気味なほど怪しい雰囲気のドラマでした。

これはコメディなのか、ミステリーなのか、最後までよくわからない展開でした。


高校生から幼稚園児までの4人の子持ちで、妻を亡くしたばかりの長谷川さん、ちょっと若すぎ。

無表情で無口、笑わないけど、家政婦としての実力はものすごく、仏壇を持ち上げて燃やすほどの、

怪力の持ち主でもある松嶋さん、言われた事は言葉通りにやってしまうので危険がいっぱい。

幼稚園児の要求にさえ黙って従ってしまうなんて、子供を預けるにはなんとも怖いです。


そんな変わり者の彼女になぜか一家が心を開き、妻が自殺である事まで告白してしまう長谷川さん。

高校生の父親役としては生活感がなくて、しっくりこないけど、子供が4人もいるのは、

子供たちそれぞれの問題を松嶋さんが解決していく、という筋立てのためだから仕方ないか。

そしてトラブルメイカーな相武紗季さん、相武さんはいつからか、こういう捻った役が多い気が。


ドラえもんのポケットみたいに何でも出てくる松嶋さんのレトロなボストンバッグが気になります。


テーマ : 新ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 家政婦のミタ松嶋菜々子長谷川博己相武紗季

2011-04-28(Thu)

「リバウンド」第1話 太ったり痩せたりの相武紗季さん

相武紗季さんと速水もこみちさん、そしてケーキと言えば「絶対彼氏」なんだけど。

このドラマは、相武さんが太ったり痩せたり、とにかく忙しく頑張っててハイテンションでした。

笑わせてちょっと泣かせて、っていうパターンみたいだけど、もうひとつ決め手に欠けるような。

相武さんはこのところ、悪女っぽい役が板についていたので、このあたりでイメチェン?

太った姿の相武さんは、かわいいようなかわいくないような、微妙な感じでした。

太っていてかわいい柳原可奈子さんって貴重なんだな、とあらためて見直しました。


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : リバウンド相武紗季速水もこみち柳原可奈子絶対彼氏

あたらしい記事
あたらしいトラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

 上野樹里 戸田恵梨香 綾瀬はるか 平清盛 長谷川博己 菅野美穂 向井理 竹内結子 松山ケンイチ 満島ひかり 岸谷五朗 ストロベリーナイト 真木よう子 宮沢りえ 尾野真千子 堺雅人  大沢たかお 堀北真希 蜜の味 家政婦のミタ 西島秀俊 上戸彩 新垣結衣 瑛太 名前をなくした女神 風間俊介 松嶋菜々子 本木雅弘 ARATA 運命の人 榮倉奈々 北川景子 相武紗季 内野聖陽 天海祐希 大竹しのぶ 絶対零度 それでも、生きてゆく 溝端淳平 倉科カナ  井上真央 石原さとみ 松たか子 リーガル・ハイ 玉木宏 北大路欣也 AKIRA 萩原聖人 水川あさみ 深田恭子 富田靖子 ATARU 忽那汐里 小出恵介 木村佳乃 田中美佐子 ブルドクター 中谷美紀 中居正広 悪夢ちゃん 江角マキコ 栗山千明 壇れい 佐藤浩市 仲間由紀恵 高良健吾 稲垣吾郎 おひさま 窪田正孝 生まれる。 桐谷健太 竹野内豊 大倉忠義 りょう BOSS 鍵のかかった部屋 小池栄子 純と愛 松田翔太 松雪泰子 大野智 上川隆也 野波麻帆 堀内敬子 藤木直人 小日向文世 佐藤江梨子 南極大陸 東野圭吾 GACKT 芦田愛菜 櫻井翔 永山絢斗 山本耕史 長谷川京子 玉山鉄二 謎解きはディナーのあとで 武井咲 綾野剛 八重の桜 あまちゃん 中井貴一 優香 トッカン 鈴木京香 北村一輝 三上博史 井浦新 石黒賢 志田未来 大森南朋 錦戸亮 松下奈緒 市川亀治郎 時任三郎 ドラマ 阿部サダヲ 釈由美子 長澤まさみ 寺脇康文 BOSS2 佐藤隆太 木村拓哉 夏菜 梅ちゃん先生 南沢奈央 ラストホープ 大島優子 武田鉄矢 稲森いずみ 松田聖子 原田泰造 石田ゆり子 宮部みゆき 木村文乃 伊藤四朗 ドン★キホーテ 高橋克実 柄本明 濱田岳 藤原竜也 加藤あい 石坂浩二 全開ガール 小野武彦 ブルータスの心臓 木村了 ユースケサンタマリア 加賀まりこ 福田麻由子 北村有起哉 安藤サクラ 風吹ジュン 薬師丸ひろ子 下流の宴 神木隆之介 川島海荷 吹越満 斉藤由貴 大河ドラマ 生まれる 大杉蓮 西村知美 斉藤工 カーネーション 谷原章介 永作博美 野際陽子 黒木瞳 高橋一生 平山浩行 眞島秀和 田中圭 遅咲きのヒマワリ 生田斗真 書店員ミチルの身の上話 香川照之 ダブルフェイス 東野圭吾ミステリーズ 高校入試 結婚しない ビブリア古書堂の事件手帖 多部未華子 二階堂ふみ 草なぎ剛 太賀 Woman 橋本愛 泣くな、はらちゃん 能年玲奈 北乃きい 剛力彩芽 佐藤仁美 渡辺いっけい 大政絢 椎名桔平 香里奈 小泉孝太郎 クレオパトラな女たち 西島英俊 高嶋政宏 37歳で医者になった僕 杉本哲太 伊藤淳史 田中哲司 木村多江 カエルの王女さま 遠藤憲一 生瀬勝久 テンペスト 平岳大 加藤夏希 戸田奈穂 高岡早紀 胡桃の部屋 蓮仏美沙子 蟹江敬三 向田邦子 竹下景子 胡桃の家 陣内孝則 平愛梨 ピースボート 近藤芳正 酒井若菜 辻井伸行 悪人 美男ですね 小林聡美 宮迫博之 山口百恵 滝本美織 専業主婦探偵 私が恋愛できない理由 栄倉奈々 米倉涼子 HUNTER 吉高由里子 大杉連 さくら 寺島進 吉沢悠 古田新太 ゲゲゲの女房 常盤貴子 横山裕 生きてゆく それでも 村川絵梨 鈴木保奈美 若尾文子 筒井道隆 神様の女房 椎名林檎 鈴木一真 生稲晃子 相島一之 絶対彼氏 柳原可奈子 速水もこみち 金子ノブアキ NHK 戸田恵子 若村麻由美 戸田菜穂 ハンチョウ リバウンド マルモのおきて 高齢出産 楽天ブログ 楽天 レビュー 岡田将生 仲里依紗 のだめカンタービレ のだめ ヤング・ブラックジャック 手塚治虫 高校生レストラン 松岡昌宏 星野真里 竹中直人 樋口可南子 美波 今井悠貴 夏木マリ 奈良岡朋子 袴田吉彦 内山里名 坂口憲二 斎藤工 2PM 伊藤つかさ 坂本龍馬 伊藤英明 板谷由夏 水橋研二 浅香唯 つるの剛士 龍馬伝 アンガールズ田中 松下由樹 木南晴夏 ダーティ・ママ! 江口洋介 息もできない夏 小栗旬 リッチマン・プアウーマン サマーレスキュー 高橋光臣 山口智子 阿部寛 ゴーイングマイホーム 成海璃子 賀来賢人 沢村一樹 原日出子 市村正親 村上弘明 生瀬久 平岡祐太 ビューティフルレイン ゴーストママ 唐沢寿明 田中麗奈 豊川悦司 東京全力少女 渡部篤郎 半沢直樹 宮藤官九郎 雲の階段 相葉雅紀 名もなき毒 SUMMERNUDE 西田尚美 小泉今日子 山下智久 勝地涼 長瀬智也 麻生久美子 サキ 中居正弘 塚本高史 三浦翔平 最高の離婚 稲盛いずみ 夜行観覧車 大泉洋 シェアハウスの恋人 長い長い殺人 スナーク狩り ハングリー! 手塚理美 宇梶剛士 ステップファーザー・ステップ 国仲涼子 理想の息子 佐藤直紀 加藤浩次 小木茂光 山田涼介 竹内まりや 開拓者たち 山崎樹範 山本裕典 永島敏行 舘ひろし 財前直見 悪女たちのメス 和久井映見 本田望結 船越栄一郎 瀬戸朝香 池田鉄洋 森田剛 余貴美子 加瀬亮 奥貫薫 利重剛 片瀬那奈 パパドル! 原田夏希 忍成修吾 福田沙紀 北村一樹 浅野ゆう子 SPEC 京本政樹 升毅 反町隆史 市長死す 伊藤かずえ 浅田美代子 千葉雄大 久野綾希子 ブラックボード 使命と魂のリミット 

あたらしいアイテム
検索フォーム
RSSリンクの表示