--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-24(Wed)

「ブルドクター」第8回  稲垣吾郎さん「好きならどんな時も僕だけを味方してくれよ」

「ブルドクター」稲垣吾郎さんは石原さとみさんに叫ぶ、「好きならいつも僕の味方でいてよ!」

市川亀治郎さんは黙っているが、本心は稲垣さんと同じ事を江角マキコさんに言いたいに違いない。

「妻ならいつも僕の味方でいろよ!」なのに江角さんは、自分の信じる正義のために彼を告発した。

彼のプライドはずたずたにされ傷ついたまま、でも内心を見せず、一緒に生活し続けている。

シンプルな正義に燃えるあまり、男たちの屈折した心情に気づかない、石原さんと江角さん。

小日向文世さんの事情には気がついても、夫の気持ちには無頓着で遠慮のない江角さんの単純さ。

理想主義の石原さんと、現実主義の稲垣さんのかみ合わない会話の絶妙なやり取り。

夜中に留守番を押しつけて仕事に出ていく江角さんに、眠れぬ夜を一人過ごす市川さん。

使命感に燃えてきた彼女たちと、彼らとの対比に、このドラマが少しおもしろくなってきました。


一方、小日向さんは誰かに脅されているが、教室内にその手先が潜んでいるらしいと疑い始める。

気のいい連中としか思えない彼らだけれど、疑えばみんなが怪しく思えてくる。


政治的な圧力で小日向さんが解剖を断った遺体を、真夜中に勝手に解剖する江角さんと石原さん。

二人のおきて破りは留まるところをしらず、犯罪を告発するため退職願を出す江角さん。

そして、真実を語ろうと決心した小日向さんは殺害されたらしく、ドラマは一気に動き始めた。

石原さとみさん「先生は私の味方でいてくれないの?」 来週が楽しみです。


それにしても死ぬほど背中を暴行されたのに、皮下出血とか殴打の跡が体表にないって、ほんとに?


スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ブルドクター 江角マキコ 石原さとみ 稲垣吾郎 小日向文世 市川亀治郎

2011-08-18(Thu)

「ブルドクター」第7話 夫を殺人罪で告発する江角マキコさん

「ブルドクター」第7話、江角マキコさんがいくら市川亀治郎さんの執刀にミスがないと確信していても、

司法解剖を勧めるという事は殺人罪で訴えなさいという事なので、あまりにひどい仕打ちである。

訴えられたというだけで、医師としての信用を失い社会的に葬られかねないのに、極端すぎる。

それにしても、紆余曲折の果てに二度も解剖した時点でやっと、死因につながるけがを思い出し、

脳梗塞の前駆症状があったと認める母親って、いったいなんなのか不明だし、そもそも市川さんは、

脳梗塞発症の原因を、今まで探ることなく治療していたのか?もうめちゃくちゃすぎるお話です。

ドラマをおもしろくするためのこじつけが多すぎて、医療ものとしてはレベルが低い出来と言うしかない。

どこまでも熱い江角マキコさんとは対照的に、退廃しさめた稲垣吾郎さんの存在の方が興味深いのでした。


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ブルドクター 江角マキコ 石原さとみ 市川亀治郎 稲垣吾郎

2011-08-04(Thu)

「ブルドクター」第5回 肝炎>HIV?

「ブルドクター」第5回、どうにもちゃちで子供だましなエピソードの続くこのドラマだけど、

新型ウィルスに感染の疑いで解剖室に強制隔離、という事態に、ちょっと期待してしまいました。

が!発病したかに見えた石原さとみさんが、実はワクチンへのアレルギー反応だった、というオチ。

いくらなんでも医師がそろっていて、そんな診断もできないのか、とか、呼吸困難なら、

普通に挿管すればいいのでは?だって病院の中なんだし機材はあるでしょ、とか、思ってしまった。

あんな激しいアナフィラキシーショック?を起こすなら、今までだって予防接種とかできなかったはず。


一方別の解剖では、アルコール中毒で手が震える?小日向文世さんが他の医師に針刺し事故している。

肝炎に感染したのではないかとすごく心配していたけど、HIVの感染も調べておく事をお勧めしたい。


そんなふうにこのドラマは、素人から見ても医学的にどうなの?っていう作りの甘さが目立ちます。

自慢じゃないけど、「ER」を最初から最後までぜ~んぶ見たんだからね。


で、このドラマで面白いのは、謎の男・稲垣吾郎さんと石原さとみさんの恋愛話の方なんだけど。

遺体ばっかり扱ってきて人を助けたことがないっていう、超マイペースで潔癖症の稲垣さん、

だんだん江角マキコさんに感化され、普通の医師になってきそうで、なんかつまらないと思ったりしています。


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ブルドクター 江角マキコ 石原さとみ 稲垣吾郎 小日向文世

2011-07-21(Thu)

「ブルドクター」第3話 死因は溺死って、それだけ?

「ブルドクター」第3話、司法解剖した結果、死因は溺死と断定してたけど、後になって、

木から落ち、頭を強く打って頸椎を損傷し、動けなくなったために水たまりでの溺死と判明。

って、解剖した時に、整形手術の跡については強調してたけど、脳内出血とかの跡は無視したの?

せっかく解剖したのに、打撲の跡でさえ無視した江角マキコさんって、都合よすぎです。

石原さとみさんの同級生であり、彼女へのコンプレックスから整形美人に変身した、とか、

江角さんの息子話とか、人間ドラマに首をつっこもうとするので、根本を無視してるこの設定がひどい。


ていうか、シャトルを取ってくれたお姉さんが木から落ちたのに、さっさといなくなる子供たちって??



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ブルドクター 江角マキコ 石原さとみ

2011-07-14(Thu)

「ブルドクター」第2話 知的で冷たい悪役なら稲垣吾郎さんで決定

「ブルドクター」第2話、それにしてもこのタイトルはどうしても好きになれない。

ブルドクターらしく演じるために、背が高いのにもかかわらず、下から上に目線を据えて睨む江角マキコさん。

椅子に座った稲垣吾郎さんを見つめるには、しゃがみこまないと視線が合っていないのでは。


といいながら、事件の進み方自体はテンポがよくて、しょっちゅう動揺し表情を変える石原さとみさん、

知的で冷たい悪役にとっぷりはまっている稲垣さん、二人ともよかったと思います。

いちいち「子供にかまってやれない母と、それでも母を慕う子供」のテーマを持ち出すのはしつこいけど。

犯人なのに、母親のクリニックにしょっちゅう出入りする息子って、都合よすぎると思ったけど。

煙草の吸殻や、冷蔵庫いっぱいのジュースも見つけられない鑑識って、何やってるんだと思うけど。


この夏のドラマは力作・秀作が多そうなので、こういうわかりやすいのも一つあると息抜きになるかな。


テーマ : 新ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ブルドクター 石原さとみ 江角マキコ 稲垣吾郎

2011-07-07(Thu)

「ブルドクター」第一回 青酸カリ中毒死を鑑別できないって

「ブルドクター」第一回、突然死を心筋梗塞と間違われたおじさん、実は青酸カリで毒殺されたって。

その現場に居合わせた法医学准教授の江角マキコさん、あの有名なアーモンド臭はしなかったの?

詳しい事はしらないけど、青酸カリは、中毒になった人を救助する人も危険な猛毒なので、

心筋梗塞と鑑別できなくては、法医学も救命救急も始まらないだろう、と素人の私でも思う。

うっかり人工呼吸とかすると、毒を移されてしまう危険があるというのに。

今回の二つの事件ともに、底が深いとは決して言えない、推理と医学を単純に合わせたものだった。


それにしても、法医学の意義を語る江角さんの長セリフは単調すぎ、頭を素通りしてしまった。

こういう役をなぜ江角マキコさんがやるのかわからないんだけど、「BOSS」の医療版っていう感じ?

石原さとみさんは、モデルのように美しく化粧して長い髪を振り乱し、現場を保存する気ゼロだった。

志田未来さんは、まだあんなきゃぴきゃぴした役をやらされてるのか、というイメージ。

どうやらアルコール依存症であるらしい小日向文世さんと、悪役づいている稲垣吾郎さんが気になる所。


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ブルドクター 江角マキコ 石原さとみ 小日向文世 稲垣吾郎 志田未来

あたらしい記事
あたらしいトラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

 上野樹里 戸田恵梨香 平清盛 綾瀬はるか 松山ケンイチ 菅野美穂 向井理 竹内結子 長谷川博己 満島ひかり 岸谷五朗 真木よう子 ストロベリーナイト 堺雅人 尾野真千子 宮沢りえ 西島秀俊 堀北真希 大沢たかお 蜜の味  家政婦のミタ 松嶋菜々子 新垣結衣 上戸彩 風間俊介 ARATA 北川景子 本木雅弘 名前をなくした女神 運命の人 瑛太 榮倉奈々 絶対零度 それでも、生きてゆく 相武紗季 天海祐希 内野聖陽 大竹しのぶ 溝端淳平 玉木宏  石原さとみ 倉科カナ 松たか子 リーガル・ハイ 井上真央 AKIRA ATARU 萩原聖人 水川あさみ 忽那汐里 深田恭子 北大路欣也 富田靖子 中谷美紀 中居正広 栗山千明 悪夢ちゃん 佐藤浩市 小出恵介 田中美佐子 壇れい 木村佳乃 ブルドクター 江角マキコ 仲間由紀恵 上川隆也 藤木直人 堀内敬子 大野智 桐谷健太 おひさま 鍵のかかった部屋 高良健吾 窪田正孝 稲垣吾郎 生まれる。 BOSS 竹野内豊 松雪泰子 野波麻帆 松田翔太 小池栄子 りょう 純と愛 大倉忠義 中井貴一 三上博史 東野圭吾 石黒賢 南極大陸 永山絢斗 井浦新 あまちゃん 芦田愛菜 北村一輝 八重の桜 鈴木京香 謎解きはディナーのあとで 優香 GACKT 綾野剛 櫻井翔 小日向文世 武井咲 玉山鉄二 長谷川京子 山本耕史 佐藤江梨子 トッカン 原田泰造 武田鉄矢 錦戸亮 南沢奈央 伊藤四朗 ラストホープ 木村拓哉 大島優子 宮部みゆき BOSS2 市川亀治郎 木村文乃 志田未来 稲森いずみ 釈由美子 佐藤隆太 ドラマ 時任三郎 寺脇康文 夏菜 大森南朋 阿部サダヲ 長澤まさみ 松下奈緒 松田聖子 梅ちゃん先生 石田ゆり子 安藤サクラ 川島海荷 眞島秀和 吹越満 神木隆之介 結婚しない 黒木瞳 野際陽子 下流の宴 ビブリア古書堂の事件手帖 平山浩行 ユースケサンタマリア 木村了 加賀まりこ 田中圭 風吹ジュン 小野武彦 カーネーション 谷原章介 泣くな、はらちゃん 香里奈 西村知美 椎名桔平 ブルータスの心臓 高校入試 高橋一生 太賀 斉藤工 小泉孝太郎 永作博美 香川照之 37歳で医者になった僕 草なぎ剛 カエルの王女さま 橋本愛 加藤あい 書店員ミチルの身の上話 遠藤憲一 生瀬勝久 木村多江 能年玲奈 伊藤淳史 石坂浩二 Woman 二階堂ふみ 東野圭吾ミステリーズ 濱田岳 生まれる 北乃きい 田中哲司 クレオパトラな女たち 柄本明 高橋克実 ドン★キホーテ 渡辺いっけい 高嶋政宏 福田麻由子 杉本哲太 ダブルフェイス 薬師丸ひろ子 北村有起哉 佐藤仁美 斉藤由貴 多部未華子 生田斗真 遅咲きのヒマワリ 大河ドラマ 藤原竜也 大政絢 大杉蓮 全開ガール 西島英俊 剛力彩芽 ピースボート 星野真里 夏木マリ 近藤芳正 坂口憲二 大杉連 樋口可南子 袴田吉彦 奈良岡朋子 内山里名 木南晴夏 竹中直人 今井悠貴 戸田菜穂 のだめ のだめカンタービレ 宮藤官九郎 半沢直樹 名もなき毒 マルモのおきて 最高の離婚 速水もこみち 中居正弘 リバウンド サキ SUMMERNUDE 勝地涼 稲盛いずみ 楽天ブログ 楽天 レビュー 高齢出産 岡田将生 山下智久 ヤング・ブラックジャック 手塚治虫 仲里依紗 柳原可奈子 絶対彼氏 松下由樹 浅香唯 生稲晃子 伊藤つかさ アンガールズ田中 龍馬伝 斎藤工 2PM つるの剛士 塚本高史 坂本龍馬 伊藤英明 ハンチョウ NHK 金子ノブアキ 相島一之 陣内孝則 若村麻由美 板谷由夏 松岡昌宏 高校生レストラン 戸田恵子 美波 胡桃の部屋 小栗旬 小木茂光 息もできない夏 江口洋介 理想の息子 山田涼介 加藤浩次 佐藤直紀 升毅 京本政樹 反町隆史 市長死す 池田鉄洋 森田剛 ダーティ・ママ! 国仲涼子 本田望結 大泉洋 船越栄一郎 瀬戸朝香 夜行観覧車 悪女たちのメス シェアハウスの恋人 和久井映見 手塚理美 ハングリー! 宇梶剛士 ステップファーザー・ステップ 開拓者たち 竹内まりや 伊藤かずえ 浅田美代子 生瀬久 村上弘明 長い長い殺人 スナーク狩り 忍成修吾 原田夏希 市村正親 原日出子 唐沢寿明 ゴーストママ 田中麗奈 豊川悦司 平岡祐太 ビューティフルレイン 福田沙紀 北村一樹 浅野ゆう子 リッチマン・プアウーマン SPEC 千葉雄大 ブラックボード 久野綾希子 利重剛 奥貫薫 片瀬那奈 パパドル! 余貴美子 賀来賢人 加瀬亮 財前直見 山崎樹範 胡桃の家 竹下景子 高岡早紀 テンペスト 戸田奈穂 平岳大 蟹江敬三 向田邦子 村川絵梨 それでも 鈴木一真 酒井若菜 西田尚美 沢村一樹 加藤夏希 蓮仏美沙子 山口智子 辻井伸行 雲の階段 東京全力少女 三浦翔平 渡部篤郎 悪人 阿部寛 美男ですね 滝本美織 小林聡美 宮迫博之 ゴーイングマイホーム 山口百恵 生きてゆく 横山裕 サマーレスキュー 古田新太 専業主婦探偵 高橋光臣 吉高由里子 成海璃子 吉沢悠 寺島進 永島敏行 山本裕典 舘ひろし 使命と魂のリミット さくら 水橋研二 私が恋愛できない理由 栄倉奈々 筒井道隆 常盤貴子 神様の女房 椎名林檎 鈴木保奈美 若尾文子 ゲゲゲの女房 HUNTER 長瀬智也 麻生久美子 相葉雅紀 小泉今日子 米倉涼子 平愛梨 

あたらしいアイテム
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。