--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-18(Sun)

「運命の人」最終回 絶望から真に再生することの痛み

絶望のうちに沖縄へ行き、人々との出会いの中で再生していく本木雅弘さん。

過酷な歴史となお続く悲劇に、新聞記者の魂を呼び起され、自分の恥など小さいと知る。

自分が記者として破滅した事など、沖縄の現実の前では些細な小事に過ぎない。

本当の沖縄を知らずに正義を語っていた事を恥じ、名誉よりも真実を求め行動を起こす。


最後には、長く一人で待たせてきた妻・松たか子さんと再会するのだけれど、

この松さん、息子たちも自立していった家で一人暮らし、離婚もしなかった。

その測り知れない心情は、「運命の人」という事でしか説明できないのかも。

そして本木さんと空前絶後の関わり合いを持った真木よう子さん、それも運命なのか。


最後のナレーションの、今も国民に真実は知らされていないというこの現実の重み。

震災からの復興はもちろん支援したいけれど、全国各地に瓦礫を受け入れよというなら、

絆とか言って情に訴えるのではなく、セシウムの値を明確に公表すべきではないのか。

公表しないのは公表できないからなのか、それとも公表しても信用されないからなのか。

瓦礫はもちろん、食料や生活用品は言うまでもなく、国民の安全を確保しなくてどうするのか。

そこには、沖縄をそのままにしてきたのと同じ欺瞞が見え隠れする。


子供の頃、石油はあと40年しか持たないので原子力発電が必要、と聞いたけど、

石油がなくなったというニュースは未だになく、「石油は後40年」と寿命が延びた。

学生の頃東京電力は就職したいあこがれの大企業だったけど、中身はぼろぼろだと知った。

あの東京電力が大失敗した事を、他の電力会社がやりおおせるとは思えない。


それにしてもこのドラマの格調高い音楽、佐藤直紀さん、素晴らしいです。


スポンサーサイト

テーマ : 運命の人
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 運命の人 本木雅弘 松たか子 真木よう子

2012-03-12(Mon)

「運命の人」第9回 沖縄で再生するらしい本木雅弘さん

「運命の人」、本木雅弘さんが沖縄の岸壁から身を投げる結末を、最初に見せた演出。

実は本木さんはその後生還し、沖縄で再生するらしいとわかったけど、ちょっと騙された気分。

あんなダイブで助かるっていうのも都合よすぎだけど、社会的にも家庭的にも破滅して、

スダボロな本木さんが、沖縄で癒されるっていう物語も見てみたいので、よしとします。


逆転有罪となった本木さんが助かるには、真木よう子さんが証言を変えるしかない。

政府の巨悪を暴くはずが、男女のもつれが裁判の焦点となるという、まさに運命の皮肉。

松たか子さんの、自己犠牲をいとわない夫への愛を見せられ、再び嫉妬に駆られる真木さん。

松さんが、泥にまみれて土下座し号泣して、夫を助けてくれとすがったなら、気が変わったかも。

こんなになっても気品高く、ピアノ教室なんかやってる松さんの育ちの良さがまた、癪にさわる。


いくらいとこでも、自分に好意を持つ長谷川博己さんに、息子を託す松さんもよくわからない。

一般には、真木さんの行動への非難が激しいようだけど、真木さんの心情はわかりやすく、

松さんの方がつかみにくい、どうにも表現しにくい役どころなのではないかと思います。

大森南朋さん、モデルのご本人は怒っていたようだけど、なんとかっこいい役である事か。

【送料無料】運命の人 全4巻セット

【送料無料】運命の人 全4巻セット
価格:2,640円(税込、送料別)


テーマ : 運命の人
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 運命の人 本木雅弘 松たか子 真木よう子 大森南朋 長谷川博己

2012-03-05(Mon)

「運命の人」第8話 真木よう子さんの憎悪が怖い

本木雅弘さんに機密文書を流した時は、一蓮托生と思ったはずの真木よう子さん。

裁判で明暗を分けると、激しい憎悪に燃えた目で本木さんをにらみ、復讐に転じる。

そのためには、夫・原田泰造さんも、雑誌記者・真島秀和さんも利用してはばからない。

そんな女の気持ちを測り損ねた本木雅弘さん、大義の前に脇をかためるべきだった。


よき妻・松たか子さんと子供たちに、後ろめたくていたたまれず逃げ出す本木さん。

ここでまさか、「家政婦のミタ」でかつてだめ父だった長谷川博己さんに、

家族を守れと説教されてしまうとは、なんという皮肉なめぐりあわせか。


最初に悲劇的な結末を見せてしまうドラマ造りが残念だったけど、日光の滝で、

本木さんのダイブを松さんが妄想していたので、沖縄のダイブもそうである事を期待。

【送料無料】運命の人 全4巻セット

【送料無料】運命の人 全4巻セット
価格:2,640円(税込、送料別)


テーマ : 運命の人
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 運命の人 真木よう子 松たか子 本木雅弘 長谷川博己

2012-02-27(Mon)

「運命の人」第7話 真木よう子さん、悪女ぶりが際立つ

「運命の人」第7話、法廷で偽証を重ねる真木よう子さん、すごい悪女ぶりです。

いくら弁護士の戦略に乗ったとはいえ、偏執夫の原田泰造さんに束縛され、

剛腕記者の本木さんに騙された、か弱い女を演じ続けるのは、誰でもできる事じゃない。

そのあげく、本木雅弘さんにプレゼントした事まで否定するなんて。

一方、週刊誌の記者・眞島秀和さんとはどんどん親しくなって、触れなば落ちん風情。


そんな彼女をいまだに庇って、妻・松たか子さんの献身には答えない本木さん。

正義の記者にはなれても、妻子を守る夫にはなれない、実は小心で冴えない男です。

お嬢様から奥様になったような松さんですが、真木さんとは対決する決心。

真木さんも松さんも、平時には現われなかったしたたかさ、腹黒さがどんどん出てくる。

女は逆境で強くしぶとくなっていくのに、男はぽきっと折れてしまう、という図式なのか。


一緒に起訴された二人なのに、裁判では対立し、されに判決では明暗くっきり。

真木さんはさらに暗黒面を全開し、悲劇の女を演じ切り本木さんを糾弾するのですね。

政府の悪を追求し、大義に生きるはずの本木さんが、女一人を利用し軽く見たために、

足元をすくわれ破滅していくという、その運命に、日本のその後も引きずられている。


このドラマの音楽は佐藤直紀さんで、クラシカルでドラマチックでとてもいいですね。

「龍馬伝」や「カーネーション」も担当している方なんですね。


テーマ : 運命の人
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 運命の人 本木雅弘 真木よう子 松たか子 原田泰造 眞島秀和 佐藤直紀

2012-02-20(Mon)

「運命の人」第6回 ますます妖しい真木よう子さん

「運命の人」第6回、もう何が正しいんだかなんだかわからない、複雑なこのドラマ。

やつれた姿で出廷し、本木雅弘さんに騙されたかわいそうな女を演じる真木よう子さん。

一方で、週刊誌の記者と接触するたくましさもあり、記者にメモをこっそり渡す姿は、

かつて本木さんに情報を流した事を思い出させ、やはりそういう女なんだな、という事で。

彼女が単なる被害者ではないと同じに、本木さんも真っ当な正義の記者ではない。


松たか子さんは、夫と子供を支えるだけでも辛いのに、実家の母親からは非難され通し。

剛腕な記者だったはずの夫が、何かと逃げ腰なのは、女性問題の後ろめたさから?

夫を支えるという事は、つまり真木さんと戦わなければならないという事なので、

上品な奥様であった彼女が、次第に強くなっていくのも見ごたえのあるドラマです。

【送料無料】運命の人 全4巻セット

【送料無料】運命の人 全4巻セット
価格:2,640円(税込、送料別)


テーマ : 運命の人
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 運命の人 本木雅弘 松たか子 真木よう子

2012-02-13(Mon)

「運命の人」第5話 長谷川博己さん、もっと活躍してね

妻・松たか子さんの献身に対し感謝どころか逆ギレする本木雅弘さんの小ささ。

あの傲慢で尊大な態度は、自分の卑小さを隠して大きな仕事をしたいからなのか。

それにしてもすけべとかハレンチとか、昭和レトロな言葉を久しぶりに聞いた。


本木さんと真木よう子さんの間に本当は何があったのか、ぼかされていた事が、

今になって明白にされて、ちょっとしたミステリーの謎解きみたいだった。

でも、事件の事を多くを語らない真木よう子さんの心情は、今もよくわからない。

一方で、夫・原田泰造さんはいつも動揺し大騒ぎしていて、元外務官僚とは思えない。


このドラマのモデルとなった人が、自分の描写に怒っているのだそうだ。

でも彼は、その後長くトップであり続け、今もなお大きな権力の座にある。

そうだからこそ怒りの発言もできるのだし、一番大変なのはこの二人なのに。


しかしドラマを見る方としては、個と公とが渾然となった空前絶後の事件が、

実際にあった事だからこそ見ごたえがあるので、モデルとなった方には申し訳ないけど、

フィクション混じりと思いながら、落ちていく二人を楽しんでしまうのが正直なところです。


せっかく長谷川博己さんが登場したけれど、すぐにいなくなってしまったのが残念。

松さんを救うヒーローみたいだったけど、結果、松さんを諭して本木さんに帰した。

上品な育ちの松さんと、あくの強い本木さんとは、ギャップのある夫婦に見えるけど。

次回は裁判が始まるし、松さんには何とも辛い日々が続く事になりそうです。

【送料無料】運命の人 全4巻セット

【送料無料】運命の人 全4巻セット
価格:2,640円(税込、送料別)


テーマ : 運命の人
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 運命の人 松たか子 本木雅弘 真木よう子 原田泰造 長谷川博己

2012-02-06(Mon)

「運命の人」第4話 中年の不倫は「岸辺のアルバム」から

「運命の人」第4話、ついに逮捕され屈辱を味わいながらも抵抗する本木雅弘さん。

しかし真木よう子さんの方は、男にそそのかされ騙された被害者である、という、

弁護士の作戦にしだいに乗り、本木さんを糾弾する側へと移ってゆく。

決定的な証拠であるホテルのマッチを示され、後ろめたさを突かれ動揺する二人。

起訴状の「密かに情を通じ」という表現に、本木さんを支えてきた新聞社にも衝撃が走る。


40歳もすぎればすでに中年男女であり、そんな二人の不倫は大スキャンダルだった。

ドラマ「岸辺のアルバム」でやっと市民権を得た時もまだ「浮気」と言っていたのだ。

沖縄密約問題から機密漏えい事件、そして男女間のスキャンダルへと事件は落とされていく。

本木さんの志は踏みにじられ、弁明の余地もなく追い詰められていくのだが、

そこにはやはり、真木さんの心情を推し量れなかった男のエゴが見え隠れする。


彼が逮捕された後の家を守り、子供たちを支えてきた妻・松たか子さんに対し、

やっと釈放され再会できたのに、冷淡な態度を取って感謝の言葉もない本木さん。

妻を裏切った事への後ろめたさで、彼女の顔もまともに見られないのだろうけど。

良妻賢母な彼女が急ハンドルで急停車し、号泣する姿が痛々しかった。


本木さんが国家権力へ盾を突くには、真木さんは鉄壁の味方ではあり得ない。

悲劇を招くしかない彼の戦いは、まるでドンキホーテのようにむなしい。

【送料無料】運命の人 全4巻セット

【送料無料】運命の人 全4巻セット
価格:2,640円(税込、送料別)


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 運命の人 本木雅弘 真木よう子 松たか子

2012-01-23(Mon)

「運命の人」第2話 秘密を守る事は難しい

「運命の人」第2話、佐藤栄作、田中角栄、福田赳夫、大平正義といった政治家。

どの俳優さんも特徴をよくつかんでいるのだけど、北大路欣也さんは颯爽としすぎかも。

記者会見で憤然と「新聞は出てください、テレビ限定」と言った佐藤総理の姿にも記憶がある。

かつて「あ~う~」とか鈍牛とか言われていた大平さんが、今では結構評価されている。

そして西山記者=本木雅弘さんが、大平さんとあんなに親しい間柄であったとは。

それ以前に、新聞記者という存在が、あんなにも深く政治に入り込んでいたとは。

そう言えば、竹下登の娘と出入りの新聞記者が結婚して、その子がDAIGOさんなのだ。


それはともかく、本木さんと真木さんの関係は、なんと空前絶後であることか。、

日本を揺るがす政治問題と、男女の三角関係が渾然一体となって、公も個も絶体絶命だ。

本木さんは結局、極秘文書を野党議員に渡し、その議員はなんと国会で暴露してしまう。

それから40年余りの時が流れ、その人は現在の衆議院議長であるという。


古き良き良妻賢母の松たか子さん、夫の不実と転落に、これからどう向き合っていくのか。

【送料無料】運命の人(1)

【送料無料】運命の人(1)
価格:1,600円(税込、送料別)




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 運命の人 本木雅弘 松たか子 真木よう子 北大路欣也

あたらしい記事
あたらしいトラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

 上野樹里 戸田恵梨香 平清盛 綾瀬はるか 松山ケンイチ 菅野美穂 向井理 竹内結子 長谷川博己 満島ひかり 岸谷五朗 真木よう子 ストロベリーナイト 堺雅人 尾野真千子 宮沢りえ 西島秀俊 堀北真希 大沢たかお 蜜の味  家政婦のミタ 松嶋菜々子 新垣結衣 上戸彩 風間俊介 ARATA 北川景子 本木雅弘 名前をなくした女神 運命の人 瑛太 榮倉奈々 絶対零度 それでも、生きてゆく 相武紗季 天海祐希 内野聖陽 大竹しのぶ 溝端淳平 玉木宏  石原さとみ 倉科カナ 松たか子 リーガル・ハイ 井上真央 AKIRA ATARU 萩原聖人 水川あさみ 忽那汐里 深田恭子 北大路欣也 富田靖子 中谷美紀 中居正広 栗山千明 悪夢ちゃん 佐藤浩市 小出恵介 田中美佐子 壇れい 木村佳乃 ブルドクター 江角マキコ 仲間由紀恵 上川隆也 藤木直人 堀内敬子 大野智 桐谷健太 おひさま 鍵のかかった部屋 高良健吾 窪田正孝 稲垣吾郎 生まれる。 BOSS 竹野内豊 松雪泰子 野波麻帆 松田翔太 小池栄子 りょう 純と愛 大倉忠義 中井貴一 三上博史 東野圭吾 石黒賢 南極大陸 永山絢斗 井浦新 あまちゃん 芦田愛菜 北村一輝 八重の桜 鈴木京香 謎解きはディナーのあとで 優香 GACKT 綾野剛 櫻井翔 小日向文世 武井咲 玉山鉄二 長谷川京子 山本耕史 佐藤江梨子 トッカン 原田泰造 武田鉄矢 錦戸亮 南沢奈央 伊藤四朗 ラストホープ 木村拓哉 大島優子 宮部みゆき BOSS2 市川亀治郎 木村文乃 志田未来 稲森いずみ 釈由美子 佐藤隆太 ドラマ 時任三郎 寺脇康文 夏菜 大森南朋 阿部サダヲ 長澤まさみ 松下奈緒 松田聖子 梅ちゃん先生 石田ゆり子 安藤サクラ 川島海荷 眞島秀和 吹越満 神木隆之介 結婚しない 黒木瞳 野際陽子 下流の宴 ビブリア古書堂の事件手帖 平山浩行 ユースケサンタマリア 木村了 加賀まりこ 田中圭 風吹ジュン 小野武彦 カーネーション 谷原章介 泣くな、はらちゃん 香里奈 西村知美 椎名桔平 ブルータスの心臓 高校入試 高橋一生 太賀 斉藤工 小泉孝太郎 永作博美 香川照之 37歳で医者になった僕 草なぎ剛 カエルの王女さま 橋本愛 加藤あい 書店員ミチルの身の上話 遠藤憲一 生瀬勝久 木村多江 能年玲奈 伊藤淳史 石坂浩二 Woman 二階堂ふみ 東野圭吾ミステリーズ 濱田岳 生まれる 北乃きい 田中哲司 クレオパトラな女たち 柄本明 高橋克実 ドン★キホーテ 渡辺いっけい 高嶋政宏 福田麻由子 杉本哲太 ダブルフェイス 薬師丸ひろ子 北村有起哉 佐藤仁美 斉藤由貴 多部未華子 生田斗真 遅咲きのヒマワリ 大河ドラマ 藤原竜也 大政絢 大杉蓮 全開ガール 西島英俊 剛力彩芽 ピースボート 星野真里 夏木マリ 近藤芳正 坂口憲二 大杉連 樋口可南子 袴田吉彦 奈良岡朋子 内山里名 木南晴夏 竹中直人 今井悠貴 戸田菜穂 のだめ のだめカンタービレ 宮藤官九郎 半沢直樹 名もなき毒 マルモのおきて 最高の離婚 速水もこみち 中居正弘 リバウンド サキ SUMMERNUDE 勝地涼 稲盛いずみ 楽天ブログ 楽天 レビュー 高齢出産 岡田将生 山下智久 ヤング・ブラックジャック 手塚治虫 仲里依紗 柳原可奈子 絶対彼氏 松下由樹 浅香唯 生稲晃子 伊藤つかさ アンガールズ田中 龍馬伝 斎藤工 2PM つるの剛士 塚本高史 坂本龍馬 伊藤英明 ハンチョウ NHK 金子ノブアキ 相島一之 陣内孝則 若村麻由美 板谷由夏 松岡昌宏 高校生レストラン 戸田恵子 美波 胡桃の部屋 小栗旬 小木茂光 息もできない夏 江口洋介 理想の息子 山田涼介 加藤浩次 佐藤直紀 升毅 京本政樹 反町隆史 市長死す 池田鉄洋 森田剛 ダーティ・ママ! 国仲涼子 本田望結 大泉洋 船越栄一郎 瀬戸朝香 夜行観覧車 悪女たちのメス シェアハウスの恋人 和久井映見 手塚理美 ハングリー! 宇梶剛士 ステップファーザー・ステップ 開拓者たち 竹内まりや 伊藤かずえ 浅田美代子 生瀬久 村上弘明 長い長い殺人 スナーク狩り 忍成修吾 原田夏希 市村正親 原日出子 唐沢寿明 ゴーストママ 田中麗奈 豊川悦司 平岡祐太 ビューティフルレイン 福田沙紀 北村一樹 浅野ゆう子 リッチマン・プアウーマン SPEC 千葉雄大 ブラックボード 久野綾希子 利重剛 奥貫薫 片瀬那奈 パパドル! 余貴美子 賀来賢人 加瀬亮 財前直見 山崎樹範 胡桃の家 竹下景子 高岡早紀 テンペスト 戸田奈穂 平岳大 蟹江敬三 向田邦子 村川絵梨 それでも 鈴木一真 酒井若菜 西田尚美 沢村一樹 加藤夏希 蓮仏美沙子 山口智子 辻井伸行 雲の階段 東京全力少女 三浦翔平 渡部篤郎 悪人 阿部寛 美男ですね 滝本美織 小林聡美 宮迫博之 ゴーイングマイホーム 山口百恵 生きてゆく 横山裕 サマーレスキュー 古田新太 専業主婦探偵 高橋光臣 吉高由里子 成海璃子 吉沢悠 寺島進 永島敏行 山本裕典 舘ひろし 使命と魂のリミット さくら 水橋研二 私が恋愛できない理由 栄倉奈々 筒井道隆 常盤貴子 神様の女房 椎名林檎 鈴木保奈美 若尾文子 ゲゲゲの女房 HUNTER 長瀬智也 麻生久美子 相葉雅紀 小泉今日子 米倉涼子 平愛梨 

あたらしいアイテム
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。