--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-08(Mon)

「江〜姫たちの戦国〜」第三十回 「篤姫」の二番煎じ、安っぽすぎです

「江〜姫たちの戦国〜」第三十回、結婚しても江=上野樹里さんを妻と認めない、偏屈な秀忠=向井理さん。

でも、娘の風車はともかく前夫の遺品を大切に持って嫁ぐなんて、嫌々嫁に来たと言わんばかりで、

それは年若い夫には失礼すぎるし、徳川家を馬鹿にした、戦国の姫としてはあり得ない振る舞いです。

一般人なら未練と嫉妬で済むかもしれないけど、お互い、政治の流れを背負った身なのになにしてるのか。

意地の張り合いでなんと一年もたって、布団の間の距離もどんどん離れてい行くむなしい毎日。

火事の中、危険を顧みず前夫の遺品を火の手から救った向井さんに、ついに降参する上野さん。

「篤姫」で、池に落ちかけた宮崎あおいさんを堺雅人さんが抱きとめたシーンを思い出しました。

でも今回は、若君を火の中に飛び込ませる徳川家臣たちって、下手すると切腹ものなので鼻白む。

「姫の危機をとっさに救い閉ざしていた本心を開く王子」というパターン、二番煎じが見え見えでした。


スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 岸谷五朗 上野樹里 向井理

2011-07-24(Sun)

【江〜姫たちの戦国〜】第二十八回  はねっかえりの上野樹里さんが徳川家に嫁ぐ訳

【江〜姫たちの戦国〜】第二十八回、関白秀次=北村有起哉さんが謀反の罪で切腹させられてしまう。

ここでも石田三成=荻原聖人さんが暗躍し、息子かわいさの秀吉=岸谷五朗さんのために手を汚す。

三成に迫るのに、短刀を奪い自分の喉に当てる江=上野樹里さん、そこまでする必然性は不明です。

それよりも、秀吉の後ろにいる茶々=宮沢りえさんは、夫の息子への溺愛ぶりをどう見ていたのか?

のほうが気になるのに、このドラマでは、茶々はどこまでも邪念のない人なのでつまらない。

実は、息子のためにはなりふり構わぬ夫の姿を、ひそかに喜んでいた、っていう描写がないのが残念。


そして、どこか憎めない猿顔だった秀吉=岸谷五朗さんは、今や眉毛のない悪人顔に変貌しています。

なぜか、徳川の嫡男である秀忠=向井理さんと、江=上野樹里さんとの縁談を勝手に決めています。

毛並みはいいけれど出戻りで子持ちで、はねっかえりで自分の言う事など聞かない上野さんなのに、

なぜ、これからの天下を統べるのに一番重要な徳川に嫁がせるのか、まったく整合性がありません。

まだ、自分の甥である秀勝になら、わがまま放題の嫁でも許されるけど、相手が徳川家となると、

心してよい嫁になり両家を繋ぎ、時にはスパイともなり、また人質ともなるべき、重要な役目なのに。


と、思ったら、秀忠=向井理さんもひねくれ者なので、簡単には相思相愛の夫婦になれそうもない。

まあ、いつも秀吉の命で結婚している江なので、そういうのにはもう慣れている、って感じだけど。

【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編

【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編
価格:1,100円(税込、送料別)


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 岸谷五朗 上野樹里 北村有起哉 向井理

2011-07-18(Mon)

【江〜姫たちの戦国〜】第二十七回 娘がさだこだから育児放棄?まさか~

「江〜姫たちの戦国〜」第二十七回、江=上野樹里さんの育児放棄、その心理はまったく理解できない。

そんなところで捻らなくていいから、もっと普通のドラマでいいから、まともになってちょうだい。

で、娘の名前が「さだこ」とは、気の毒だけどこれはちょっとブラックなジョークとしか思えない。

初=水川あさみさんは自分に子供ができないのに、妹を励ましていて複雑だけど、なんかきれいになってます。


今回よかったのは秀次=北村有起哉さんで、亡くなった弟とそんなに仲が良かったかは不明だけど、

天下人となった叔父によって、持ち上げられたり貶められたり、翻弄され途方に暮れる雰囲気がよく出てます。

AKIRAさんとは真逆に、線が細くて神経が細かそうで、戦国武将より文人が似合うキャラクター。

悲劇が迫ってくる人のおびえた感じを、北村さんはよく表現していると思います。


ここで、第三の男となる秀忠=向井理さん、皮肉屋だったのに早くもキャラを変えてるのが笑えます。


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 岸谷五朗 上野樹里 北村有起哉 水川あさみ 向井理 AKIRA

2011-07-03(Sun)

「江〜姫たちの戦国〜」第二十五回 上野樹里さんの再婚<石坂浩二さんの切腹

「江〜姫たちの戦国〜」第二十五回、2週にわたってあれこれ描かれた利休=石坂浩二さんの切腹。

それを巡って常軌を逸していく秀吉=岸谷五朗さん、急接近する江=上野樹里さんと秀勝=AKIRAさん。

主人公の再婚は一大事だろうに、とりあえず自由恋愛したことにされ、あっという間に嫁にされちゃった。

「愛の嵐」って、二人の大恋愛の事じゃなくて、「愛」の兜をかぶって警護してると嵐が吹く、っていう事?

さっぱりわからないけど、とにかく利休切腹やら子供の早世やらで変になった秀吉は朝鮮出兵を決意した。

なるほど、新婚なのにすぐ別れが来るわけで、話の進み方としてはこれでいいって事なのかな??

【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編

【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編
価格:1,100円(税込、送料別)


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 上野樹里 岸谷五朗 AKIRA 石坂浩二

2011-06-27(Mon)

「江〜姫たちの戦国〜」第二十四回 利休切腹、はまた来週

なんでこう話が進まないんだろう?利休切腹と言いながら、切腹を命じられるところまでだった。

しばらくは、この変なドラマを楽しんでいたけど、最近のだらだらぶりにはもうあきれてしまう。

「仁」に勝てないのは最初からわかっていたにしても、「マルモ」にまで水をあけられやけになってる?

だって次回は「愛の嵐」って、長く顔なじみの上野樹里さんとAKIRAさんがいきなり「愛の嵐」??


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 上野樹里 岸谷五朗 AKIRA

2011-06-21(Tue)

「江〜姫たちの戦国〜」第二十三回 ニヒルでクールな向井理さん、やっぱり素敵

「江〜姫たちの戦国〜」第二十三回、もう6月も終わるというのに、こんなに話の進まないドラマでいいのかな。

まだ江=上野樹里さんは、二番目の夫=AKIRAさんと結婚してないし、三番目の夫=向井理さんは、

やっと元服したばかりで、しかも奈良岡朋子さんに、首でも切られそうな効果音つきの元服だったし。

ニヒルでクールな向井理さんは素敵だけれど、でもまだ子供なので要するに反抗期だし。

このままいくと、長生きするはずの上野さんの江戸生活は、あっという間に時間切れではないかな。

創成期の大奥での春日の局との攻防戦とか、姉茶々=宮沢りえさんとの、豊臣徳川対決とか、

面白い事がいっぱいあるはずなのに、来週は千利休=石坂浩二さんの切腹で話が終わってしまうのかな。

石田三成=萩原聖人さんが千利休をやたら貶めてたけど、唐突な感じがして不自然でした。


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 上野樹里 岸谷五朗 向井理 宮沢りえ AKIRA 奈良岡朋子 萩原聖人 石坂浩二

2011-06-06(Mon)

「江〜姫たちの戦国〜」第二十一回 側室をぴしっと締める大竹しのぶさん

十人以上も側室がいる秀吉=岸谷五朗さんなのに、新参者の茶々=宮沢りえさんだけが懐妊とは。

この時代の人は、それを不自然な妊娠とは露ほども思わないのか、納得いかないけど。

さすがの賢夫人・北政所=大竹しのぶさんも、茶々が側室となっただけでも心が激しくざわめくのに。

まして懐妊となると、嫉妬と憤怒で崩おれそうなのを必死で抑える演技は、大女優大竹さんなら簡単?

その子は豊臣の子、お間違えなきようにとぐさり釘をさす大竹さんは、ドスが効いてる、って感じでした。

一方で、宮沢さんを側室ではなく妻であると持ち上げ、役割分担の協定を結ぶとは、これまたさすが。

飴と鞭を駆使して、自らのプライドも、信長の姪である相手の身分も、両方立ててしまう隙のなさです。


どうやら自ら望んで側室となったらしい姉を、江=上野樹里さんが許せないのは当然です。

でも、いつも城内のどこにでも現れ、何にでも口を出す上野さんが、今回は爆睡していて、

現場を押さえ阻止できなかったのだから、仕方ないとあきらめてもらいましょう。

【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編

【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編
価格:1,100円(税込、送料別)


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 岸谷五朗 上野樹里 宮沢りえ 大竹しのぶ 水川あさみ

2011-05-29(Sun)

「江〜姫たちの戦国〜」第二十回 茶々の純愛はおもしろくないです

「江〜姫たちの戦国〜」第二十回、秀吉=岸谷五朗さんと茶々=宮沢りえさんがまさかの恋愛結婚。

年の差もあり、仇でもあり、もともとは身分違いでもありと、障害の多すぎる二人が本気で恋愛とは。

じわじわと恋にからめとられる茶々を、宮沢りえさんはよく演じていたけど、深夜の東屋シーンは、

なんかくどくどしていて眠くなった…くどくどと、二人の世界を展開しすぎていて、置いていかれました。


とにかく今回は、のろけまくりの初=水川あさみさん、京極高次=斎藤工さんの美々しいカップルと、

見るからに釣り合わない秀吉=岸谷五朗さん、茶々=宮沢りえさんの凸凹カップルの話でお腹いっぱい。

で、次回はもう子供ができたとか言ってたけど、天下を裏から握るため、大野治長とか石田三成とか、

それなりの人と子供を作ってやがては豊臣家を牛耳る、そういう茶々が見たいものです。


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 岸谷五朗 上野樹里 宮沢りえ 水川あさみ 斎藤工

2011-05-23(Mon)

「江〜姫たちの戦国〜」第十九回 宮沢りえさんの本気の恋愛

「江〜姫たちの戦国〜」第十九回、初=水川あさみさんと京極高次=斉藤工さんはめでたくご成婚。

本当は一目ぼれしているのに、面と向かって「姉を側室に差出し保身をはかる男など嫌い」と言い放つ水川さん、

戦国の世にあっても、恋愛の極意は近づいてはまた引くことにあるようです。


秀吉=岸谷五朗さんと茶々=宮沢りえさんの間では、恋の駆け引きはもっと微妙で奥が深い。

初の縁談をまとめてもらったお礼に、一大決心で茶々が折れれば、秀吉はすっと引いて、

貧しい幼少時の話でぐっと彼女の心をつかみ取る、さすが人たらしの手だれ、一枚も二枚も上手です。

触れなば落ちん状態の茶々は、若い側室に嫉妬し感情を爆発させてしまう、見事なフォーリンラブです。

嫌で嫌で、涙をのんで仕方なく側室となる茶々、あるいは織田・浅井家の血筋存続のため、

あるいは天下人の権威を後ろから握るため、などなど様々な説明の仕方があるだろうに、まさか、

気位の高い本気で茶々が恋愛してしまう物語が成立しようとは、これは脱帽ものです。


今回は、おせっかいな江=上野樹里さんがおとなしくしていて、逆にドラマチックになっていました。

【送料無料】お江その数奇な生涯

【送料無料】お江その数奇な生涯
価格:1,680円(税込、送料別)


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 岸谷五朗 上野樹里 宮沢りえ 水川あさみ 斉藤工

2011-05-15(Sun)

「江〜姫たちの戦国〜」第十八回 水川あさみさんのお菓子断ち宣言?

「江〜姫たちの戦国〜」第十八回、京極高次=斎藤工さんに一目ぼれする初=水川あさみさん。

大好きな彼の大嫌いな食べ物がお菓子と聞いて、はたしてお菓子断ちすることができるでしょうか?

…って、大河ドラマのエピソードとは思えないコントだけど、もう慣れましたとも。

この時代の姫君に、自由恋愛なんてありえないだろうと思うけど、もう慣れましたとも~。

それよりも真夜中の城内、暗い庭で密会して茶々=宮沢りえさんを口説く秀吉=岸谷五朗さん、

内心の動揺を隠してじっと仕える三成=萩原聖人さん、そんなシリアスな場面にも、

なぜか出現する江=上野樹里さんって、シュールだけど、ええ、もう慣れましたとも!

お供も連れず深夜の城内を徘徊するくらいじゃないと、何事にも口をはさむ江はつとまらないのです。


今回気になったのは、秀吉の朝鮮出兵の動機が、信長の夢を引き継ぐ事だという家康の分析。

信長なら、世界制覇をも望むだろうし、それを叶えれば後継者として盤石だから?


そして次回予告だと、妹=初=水川あさみさんの初恋をかなえるのと引き換えに、

姉=茶々=宮沢りえさんが側室になるっていう説明なのかなもしかして?

このあたりの事情と、女心の決心をうまく描けたら、このドラマも大したものだと思うんだけど、はたしてどうなるんでしょう。

【送料無料】江姫たちの戦国

【送料無料】江姫たちの戦国
価格:1,000円(税込、送料別)


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 岸谷五朗 上野樹里 水川あさみ 宮沢りえ 萩原聖人

あたらしい記事
あたらしいトラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
タグリスト

 上野樹里 戸田恵梨香 平清盛 綾瀬はるか 松山ケンイチ 菅野美穂 向井理 竹内結子 長谷川博己 満島ひかり 岸谷五朗 真木よう子 ストロベリーナイト 堺雅人 尾野真千子 宮沢りえ 西島秀俊 堀北真希 大沢たかお 蜜の味  家政婦のミタ 松嶋菜々子 新垣結衣 上戸彩 風間俊介 ARATA 北川景子 本木雅弘 名前をなくした女神 運命の人 瑛太 榮倉奈々 絶対零度 それでも、生きてゆく 相武紗季 天海祐希 内野聖陽 大竹しのぶ 溝端淳平 玉木宏  石原さとみ 倉科カナ 松たか子 リーガル・ハイ 井上真央 AKIRA ATARU 萩原聖人 水川あさみ 忽那汐里 深田恭子 北大路欣也 富田靖子 中谷美紀 中居正広 栗山千明 悪夢ちゃん 佐藤浩市 小出恵介 田中美佐子 壇れい 木村佳乃 ブルドクター 江角マキコ 仲間由紀恵 上川隆也 藤木直人 堀内敬子 大野智 桐谷健太 おひさま 鍵のかかった部屋 高良健吾 窪田正孝 稲垣吾郎 生まれる。 BOSS 竹野内豊 松雪泰子 野波麻帆 松田翔太 小池栄子 りょう 純と愛 大倉忠義 中井貴一 三上博史 東野圭吾 石黒賢 南極大陸 永山絢斗 井浦新 あまちゃん 芦田愛菜 北村一輝 八重の桜 鈴木京香 謎解きはディナーのあとで 優香 GACKT 綾野剛 櫻井翔 小日向文世 武井咲 玉山鉄二 長谷川京子 山本耕史 佐藤江梨子 トッカン 原田泰造 武田鉄矢 錦戸亮 南沢奈央 伊藤四朗 ラストホープ 木村拓哉 大島優子 宮部みゆき BOSS2 市川亀治郎 木村文乃 志田未来 稲森いずみ 釈由美子 佐藤隆太 ドラマ 時任三郎 寺脇康文 夏菜 大森南朋 阿部サダヲ 長澤まさみ 松下奈緒 松田聖子 梅ちゃん先生 石田ゆり子 安藤サクラ 川島海荷 眞島秀和 吹越満 神木隆之介 結婚しない 黒木瞳 野際陽子 下流の宴 ビブリア古書堂の事件手帖 平山浩行 ユースケサンタマリア 木村了 加賀まりこ 田中圭 風吹ジュン 小野武彦 カーネーション 谷原章介 泣くな、はらちゃん 香里奈 西村知美 椎名桔平 ブルータスの心臓 高校入試 高橋一生 太賀 斉藤工 小泉孝太郎 永作博美 香川照之 37歳で医者になった僕 草なぎ剛 カエルの王女さま 橋本愛 加藤あい 書店員ミチルの身の上話 遠藤憲一 生瀬勝久 木村多江 能年玲奈 伊藤淳史 石坂浩二 Woman 二階堂ふみ 東野圭吾ミステリーズ 濱田岳 生まれる 北乃きい 田中哲司 クレオパトラな女たち 柄本明 高橋克実 ドン★キホーテ 渡辺いっけい 高嶋政宏 福田麻由子 杉本哲太 ダブルフェイス 薬師丸ひろ子 北村有起哉 佐藤仁美 斉藤由貴 多部未華子 生田斗真 遅咲きのヒマワリ 大河ドラマ 藤原竜也 大政絢 大杉蓮 全開ガール 西島英俊 剛力彩芽 ピースボート 星野真里 夏木マリ 近藤芳正 坂口憲二 大杉連 樋口可南子 袴田吉彦 奈良岡朋子 内山里名 木南晴夏 竹中直人 今井悠貴 戸田菜穂 のだめ のだめカンタービレ 宮藤官九郎 半沢直樹 名もなき毒 マルモのおきて 最高の離婚 速水もこみち 中居正弘 リバウンド サキ SUMMERNUDE 勝地涼 稲盛いずみ 楽天ブログ 楽天 レビュー 高齢出産 岡田将生 山下智久 ヤング・ブラックジャック 手塚治虫 仲里依紗 柳原可奈子 絶対彼氏 松下由樹 浅香唯 生稲晃子 伊藤つかさ アンガールズ田中 龍馬伝 斎藤工 2PM つるの剛士 塚本高史 坂本龍馬 伊藤英明 ハンチョウ NHK 金子ノブアキ 相島一之 陣内孝則 若村麻由美 板谷由夏 松岡昌宏 高校生レストラン 戸田恵子 美波 胡桃の部屋 小栗旬 小木茂光 息もできない夏 江口洋介 理想の息子 山田涼介 加藤浩次 佐藤直紀 升毅 京本政樹 反町隆史 市長死す 池田鉄洋 森田剛 ダーティ・ママ! 国仲涼子 本田望結 大泉洋 船越栄一郎 瀬戸朝香 夜行観覧車 悪女たちのメス シェアハウスの恋人 和久井映見 手塚理美 ハングリー! 宇梶剛士 ステップファーザー・ステップ 開拓者たち 竹内まりや 伊藤かずえ 浅田美代子 生瀬久 村上弘明 長い長い殺人 スナーク狩り 忍成修吾 原田夏希 市村正親 原日出子 唐沢寿明 ゴーストママ 田中麗奈 豊川悦司 平岡祐太 ビューティフルレイン 福田沙紀 北村一樹 浅野ゆう子 リッチマン・プアウーマン SPEC 千葉雄大 ブラックボード 久野綾希子 利重剛 奥貫薫 片瀬那奈 パパドル! 余貴美子 賀来賢人 加瀬亮 財前直見 山崎樹範 胡桃の家 竹下景子 高岡早紀 テンペスト 戸田奈穂 平岳大 蟹江敬三 向田邦子 村川絵梨 それでも 鈴木一真 酒井若菜 西田尚美 沢村一樹 加藤夏希 蓮仏美沙子 山口智子 辻井伸行 雲の階段 東京全力少女 三浦翔平 渡部篤郎 悪人 阿部寛 美男ですね 滝本美織 小林聡美 宮迫博之 ゴーイングマイホーム 山口百恵 生きてゆく 横山裕 サマーレスキュー 古田新太 専業主婦探偵 高橋光臣 吉高由里子 成海璃子 吉沢悠 寺島進 永島敏行 山本裕典 舘ひろし 使命と魂のリミット さくら 水橋研二 私が恋愛できない理由 栄倉奈々 筒井道隆 常盤貴子 神様の女房 椎名林檎 鈴木保奈美 若尾文子 ゲゲゲの女房 HUNTER 長瀬智也 麻生久美子 相葉雅紀 小泉今日子 米倉涼子 平愛梨 

あたらしいアイテム
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。